The people vs,..!

THE PEOPLE VS

 

今回は、お陰様でここ最近特に、ご好評を頂き、

注目して頂いている方が増えており、

当店でも推しているブランドのThe people vsを改めてご紹介致します。

 

the people vsのブランドロゴ画像

ロックカルチャーに影響を受け、

グランジスタイルxビンテージ且つハイクオリティーな服を作りたいと言う想いのもとに設立されました。

レトロサーフロックやパンクなどと言った音楽、ストリート、アート、サーフ、、それらのカルチャーをバックボーンに持ち、

それらへの情熱と共にTHE PEOPLE VSと言うブランドは始まりました。

the people vsのTシャツ

始まりはバリの小さな路地にあるセレクトショップの一画。

スモールビジネスとしてスタートします。

最初から資金力があるわけではありませんが

プリント技術(ビンテージっぽいひび割れ方や色の出し方)、wash加工(今では古着マニアでも絶賛する色とプリンティングです)

シルエット、縫い方等、

時間と費用、労力を費やし、日々情熱と共に研究に研究を重ね、たゆまぬ努力をし続けます

the people vsのシャツを着たピンク髪の男

 

その少ない資金で始めたにもかかわらず、より良いものを作るために、

惜しみない努力をし続けた甲斐もり、

ブランドはとても人気になり、店舗には常にお客さんで一杯になっていきます。

the people vsの店内の画像

そして、

バリとオーストラリアにコンセプトストアをオープン。

その3年後にはニューヨークにも出店をします。

経営陣たちはオーストラリアとニューヨークを行ったり来たりと多忙な日々を過ごします。

the people vsの店内の画像2

その間にも、

規模の大きいフリーマーケットや、

Projectやmagicと言った世界規模の展示会等にも出展していき

取り扱い店がちゃくちゃくと増えていきます。

the people vsのロゴTシャツを着た男の他画像

そこで繋がった、

オーストラリア、日本、ニュージーランド、

アジア圏の力のある小売店のおかげでマーケットがどんどん広がり、

知名度とブランドの成長に大きく貢献しました。

the people vsのJKTを着た男の画像the people vsのアイテムを着たカップルの画像

ブランドが大きく成長することになり、

無事軌道にも乗りました。

ブランドとしての規模が大きくなると、丸くなってより売れる方向へシフトするブランドがありますが、

そうでなく、ブランドの規模が大きくなっても、

今でも当初の反骨精神を根底に置き、尖ったアイテムを展開しています

the people vsのシャツを着た男の画像 上下the people vsのアイテムを着た男女の画像

the people vsのフレームTを着た女の画像   pink髪の男の画像

このブランドは、Tシャツ一つをとってもとても仕事が丁寧で、

上にも書きましたが、ビンテージコレクターの人が見ても唸るような見事な色落ちや、

プリントのひび割れ、そして昔っぽい色のインクを使用したプリントの色など、

ビンテージっぽさを忠実に再現して落とし込んでいます。

the people vsのイーグルTシャツを着た女の画像

the people vsのアイテムでトータルコーディネートをした男女の画像

また、オーストラリアの店舗では、

ジャスティンビーバーが度々訪れ、

着用した姿が度々SNAPされており、より一層人気に火を付けました。

 

the people vsのアイテムを着たジャスティンビーバーの画像 the people vsのアイテムを着たジャスティンビーバーの画像2

the people vsのアイテムを着たジャスティンビーバーの画像3

このブランドは、本当にかなり人気で、

オーダーしたいタイミングでオーダーしようとしても、

いつも在庫が少なく、タイミングを逃すとなかなか思うように注文できないこともしばしばです。

The people vsのライダースとデニムを着た女性の画像

それだけ、人気の高さが伺えます。

The people vsのアイテムでトータルコーディネートをした男女の画像2 The people vsのアイテムを着た女性とデニムを穿いた男の画像

 

そして、

ブランドの雰囲気が醸し出していますが、

METALICAや、ニルヴァーナ、レッチリ、the cure、JOY DIVISION, kiss,Iron maden,ミスフィッツ等、

パンクバンドを筆頭に、

様々なバンドをモチーフにしたりコラボしたり、

バンドだけでなく、Wu-tang,Public enemy等のHip hopをモチーフにしたり、音楽シーンへのリスペクトが感じられ、

このブランドが音楽カルチャーを大切にしていることが感じられます

 

いつの時代もファッションと音楽の深い結びつきが感じられます。

それらデザイナーが関わってきたり触れてきた音楽カルチャーのバックボーンとリスペクト、

ビンテージへの知識が融合し、今のトレンドや

デザイナーが今カッコいいと思うもの、

そういったものを表現しオリジナリティーの溢れる

世界観を表現しています。

 

The people vsのロゴ2 The people vsのTシャツを着た女性とロンTを着た男の画像

そんな、もがき続けながらも努力をし続け、オリジナルな世界観を想像し続け、

ブランドとして大きく成長することが出来たこのThe people vsと言うブランド。

努力の賜物ですね。

 

 

日本ではあまり知られていませんが、

本当に人気がすごく、

タイミングが合わないとブランド側の在庫がなく、なかなか入手困難となっております。

 

The people vsのMA1を着た男の画像

 

なので、気になるものがあった方は

是非お早めにお買い求めくださいませ。

■”it” by Funny’s online store THE PEOPLE VSページ

 

皆様のご利用を心よりお待ちしております。

 

by

“it” by Funny’s

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.