"it" by Funny's aviator nation/アビエーターネーション,domrebel ドムレーベルmnml,cottoncitizen/コットンシチズン,世界中からジャンルレスに、新進気鋭ブランドセレクトしたONLINE SELECT SHOP.

How do you wear soutien collar coat?

冬のマストアイテムの一つであるコート。

特に定番な、ベージュのコート。

定番の為、サイズ感や着こなし方でオシャレに着れるか着れないか、

かなり差が付きます。

今回は、EDITCLOTHINGのステンカラーコートを使い、

過去のスタイルサンプルの画像も使い、着こなし例のご紹介です。

【Sample 1】

<Outer>

Editclothing/ステンカラーコート/¥43,780-(tax in)

<In>

mnml/essential hoodie/yellow/¥8,800-(tax in)

<Bottom>

The people vs/Fine cotton pants/¥22,330-(tax in)

<cap>

Editclothing/ロールニット/¥5,280-(tax in)

<Belt>

mnml/Web belt/¥2,200-(tax in)

 

定番の合わせ方、

ステンカラーコート+プルオーバーフーディー。

このステンカラーコートは、

イギリスが誇るコートの名門,バーバリーの日本生産タイプと、同じ生地を使用し生産されています。

そこに、Editclothingなりのオリジナルなディテールやシルエットを落とし込みデザインしています。

その為とても上品な素材で、シンプルで洗練されたオシャレさが伝わるコートです。

そんな、アイテムの良さを生かした、シンプル且つベーシックな着こなし方です。

誰でも真似し易く、そして遊び心も入れたコーディネート例です。

色彩学上、ベージュとyellowと言うのは同系色になります。

黄色のトーンをだんだんと落としていくとベージュになります。

その為、一見合わなさそうな組み合わせですが、

黄色と同じようによく使われる明るい色の、

例えば、赤や青なんかに比べて違和感なくなじみます。

 

そして、The people vsのFine cotton pantsで合わせ、綺麗な雰囲気にまとめながらも、

そこにロールニットやロングベルトを合わせ、カジュアルダウン。

ミニマルのパーカーの良さと遊びを取り入れたスタイルです。

各アイテム同士色の相性も含め、バランスよくまとめたスタイルです。

とても合わせやすいスタイルなので、

このスタイルがお好きな方は、是非取り入れてみてください。

各アイテムは、上記のアイテム紹介欄にリンクを貼っています。

そちらからご利用くださいませ。

 

【Sample 2】

こちらは、以前スタイルサンプルにて紹介したスタイルです。

重複しますが改めてご覧頂けたら幸いです。

<In>

EDITCLOTHING/SOFT BOA JKT/ECRU/¥18,150-(tax in)

<Bottom>

EDITCLOTHING/stretch skinny denim/BLK/L/¥19,580-(tax in)

<Cap>

EDITCLOTHING/shallow knit/Milk purple/¥5,280-(tax in)

 

SAMPLE 2は、以前にスタイルサンプルで紹介した着こなし方。

合わせたアイテムはフリースをインナーとして使用。

上まで閉め、ハイネックとして使用しました。

同カラーなのでまとまりが良いスタイルです。

 

そしてパンツもウォッシュの効いた

色褪せたブラックを使用しているので、全体的に色のトーンが同じで、

統一感のある印象です。

そこに敢えての違和感としてパープルを持ってきています。

全体のスタイルのアクセントでもありキーポイントでもある色です。

上のhoodieと合わせたスタイルでもBLKのロールニットを使用していますが、印象が全然違います。

ファッションの面白さは、まとまりが良いだけがかっこいいわけではなく、

外しや抜け感、アクセント等、

若干の違和感を入れたほうが面白くなるという所です。

バランスとアンバランス。

これを上手く使いこなせると、よりカッコよく、

そして、よりファッションが楽しめます。

ベージュとパープルは一見合わなそうに思える色ですが、

それもまた、アクセントとして取り入れると案外カッコよく

合わせることが出来ました。

このスタイルがお好きな方は、上記記載のアイテム紹介欄のリンクりょりご利用くださいませ。

 

【SAMPLE 3】

 

【Sample 2】

<IN>

Members only/quilted moto jkt/¥22,000-(tax in)

<In>

Domrebel/Luxury s/s tee/¥15,950-(tax in)

<Bottom>

Other/Printed denim/28 inc/¥22,000–(tax in)

<cap>

Other/Painted dad cap/¥9,460-(tax in)

 

 

sample 3は、

少し上級者向けのレイヤースタイル。

世界中のFashion weekでも

モデルやインフルエンサー達、ファッション業界人、

いわゆる”Fashionista”はとてもかっこよくレイヤーし、それぞれのアイテムを着こなしています。

何と何を重ねるかで、そのセンスがかっこいいと思われるのか、違和感として感じられるのか差が出ます。

Fashionistaは上手くレイヤースタイルが出来てこそだと思います。

 

 

今回はステンカラーコートにキルティングされたモトライダースjktを合わせ、

インナーはDOMREBELの色んなハイブランドをキャラクター化したロゴが入ったTシャツを、

そして遊び心の塊、OTHERのプリントデニムにタックインしました。

 

特にコートxライダースの合わせ方は、様々なコレクション会場のスナップで良く見かけます。

それだけファッショニスタから支持されている合わせ方です。

そんなモードなスタイルをTシャツやパンツ、キャップでポップに仕上げたスタイルです。

どれかアイテムをお持ちの方、その他のアイテムも是非取り入れて、

この冬はこんなレイヤースタイルにチャレンジしてみてください。

このスタイルがお好きな方は、上記の各アイテム紹介のリンクより、

直接各アイテムページへ飛べます。そちらからご利用くださいませ。

 

 

過去のも含め、ステンカラーコートの着こなしを紹介しています。

個人的にはどれもおススメのスタイルです。

是非気になったスタイルを取り入れてみてください。

 

■”it” by Funny’s online store

皆様のご利用、ご来店を心よりお待ちしております。

 

by

“it” by Funny’s

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.