カリフォルニアブランドのaviator natin/アビエーターネーションやmnml,cottoncitizen/コットンシチズン,Editclothing等日本のブランド、カナダ発DOMREBEL等、世界中からジャンルに囚われずに、”かっこいいモノ”を集めたONLINE SELECT SHOPです。

outfits!

<Outfits!>

<Tops>

The people VS/Thermal/L/Khaki/¥12,960-(tax in)

<Bottom>

Editclothing/Line board shorts/1(S)/wine/¥14,300+tax 

<cap>

Editclothing/Tencel cap/Navy/¥5,300+tax 

 

今回はeditclothingのボードショーツと、

The people vsのサーマルを合わせたシンプルなコーデです。

色使いで遊びを効かせました!

GREENとREDの組み合わせはお互いを引き立たせます。

また、Navyをアクセントとして入れる事により、

黒よりも、柔らかく、

自然体な印象の組み合わせになります。

GREEN系と赤系の色の組み合わせは、

心理補色と言い、色彩学上では、

逆の色同士になります。(説明が長くなるので、単純に表しています)

逆の色だからと言って反発すると言う事ではなく、

互いの色が引き立て合う組み合わせとなり、

どちらもちゃんと主張し、強く印象に残る色の組み合わせとなります。

なので、組み合わせとしては、

互いの良さを引き出す、相性の良い色となります。

ビッグメゾンではGucciカラーとして使われている事で有名ですね!

印象に残る組み合わせとして、ブランドロゴとして戦略的に使っています。

*ちなみに、緑か赤のモノがあれば、

30秒程度、目に残るように見つめ、白い画面を見てみてください。

残像として見える像が逆の色で映ります。赤ならば緑として見え、緑ならば赤い残像として見えます。

その色が元の色の心理補色となります。(なるべく発色の良いものでやるとより見えやすくなります。是非やってみてください)

 

是非サーマルをお持ちの方は、

Editclothingの綺麗なボルドーカラーのこのショーツを組み合わせてください。

また、ボードショーツをお持ちの方はこのサーマルを是非。

 

 

また、

サーマルは、素材の持っている、その柔らかな生地の風合いにより、

着ている人を、より大人っぽく、

そして、柔らかい印象に仕上げてくれます。

特にこのサーマルは、

他ブランドが出すモノより、緩めなネックになっており、

ナチュラルな色気を出してくれる作りになっています。

20後半からの大人な人がこういう、味のあるサーマルをサラッと着ていたら、

かなりかっこいいですね!特に、色気も出るので、

大人が着るカットソーとして、とても優秀です。

是非、取り入れてみてください。

“it” by Funny’s online storeはこちらから

 

皆様のご利用、ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

by

“it” by Funny’s

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment