カリフォルニアブランドのaviator natin/アビエーターネーションやmnml,cottoncitizen/コットンシチズン,Editclothing等日本のブランド、カナダ発DOMREBEL等、世界中からジャンルに囚われずに、”かっこいいモノ”を集めたONLINE SELECT SHOPです。

Recommend!

Recomend

Style sampleや入荷のお知らせの合間に、

扱っているブランドについて書いていこうと思います

既にご存知の方が多いかと思いますが

改めてお付き合いくださいませ

   

長年のお客様方は

当店と言えば出てくるブランドの筆頭ではないでしょうか

<Aviator Nation>

アビエーターネーション

 

2006年,Paige mycoskiによりカリフォルニアにて設立

元々、ペイジーはビンテージTのコレクターでした

ただ、ある時を境に、欲しいものが見つからなくなり、

そこで、それなら、ビンテージを再現した、かっこいいものを自分で作ろうと言う、

情熱の下に、Aviator nationは立ち上げられました

 

自身の持っている知識を元に、70’s頃に使われていたミシンを買い、独特なステッチをし、

昼は仕事、夜は作ることに没頭しました

すべてハンドメイドにて手がけ、かっこいいものを造るという気持ちの下に作られております

   

その後、2007年、最初は小さいフェス等のフリーマーケットや、路上で売るところから始まりました

そこで、作ったものがすぐに売り切れ、ここで将来を見出しました

その後、世界的にも指折りのセレクトショップで、セレクトショップとしての先駆けの何店舗かに数えられるほど名高い、名門フレッドシーガル(バイヤーだったロンハーマン氏が引き継いで現Ronhermanとして広く知られていますが本店はフレッドシーガルのまま)

や同じくセレブが通うLAの名セレクトショップKITSON、同じくPLANET BLUE等、飛び込みで営業を掛け、

その拘りとセンスが認められ、すぐさま取り扱いがスタートし、Aviator nationとしての本格的なキャリアがスタートします

当店では、オープン直後の2009年からの取り扱いなので、ほぼブランドとしても初期からのスタートですね!

(展示会に出展している時は、ペイジーには何回も会い、きさくに話しかけてくれた上に、

2年目以降は店名も名前も覚えてくれており、brandとSHOPとしていい関係が築けています)

   

 

そして、日本で言うとSAFARIなどにも掲載され、人気になっていきました

また、ベッカムが親子で来ているところがSNAPされて掲載されていたり、、

とても人気なブランドへ無事に成長していきます

   

その後、百貨店にも出したり、Project showなど、世界的に有名なトレードショーに出展したり、

取り扱いも世界に広がっていきます

順調に成長し、2013年には、US版GQが選ぶメンズデザイナー賞にも選ばれ、

GQxGAPxAviator nationでカプセルコレクションを展開し、期間限定で発売したり、

世界中で年々ファンが増えて行っております

   

そして、拘りも強く、どのアイテムも、

とても良い生地を使っています

その為Tシャツやパーカー、スウェット、すべてが

フワッフワな生地で、着ていて上質さを感じることができます

拘り過ぎて、納期を3か月遅らせたことも、、、(当店体験談)

 

ただかっこいいだけでなく生地もよく、

そしてウォッシュ加工やダメージも入れ、

ビンテージを感じる、とても味があり、雰囲気の良いアイテムを作っています

そんな人気のAviator nation

   

まだ、ONLINE SELECT SHOPとして、

本格的にスタートして、まだ一か月強ですが、

お陰様で、onlineでも人気を頂き、

在庫が少量になって参りました

   

   

特に、少し先ですが、

春には、デザインも色も雰囲気も、

春の陽気にとてもぴったりなブランドです

   

晴れた春の日の下に、

こんな爽やかでポップさとビンテージさを兼ね備えた、

こんな、パーカーや、

デニムやレザー等のJKTのインナーとしてTシャツを合わせ、

ボトムにはダメージや味ブルーのデニムと合わせて出かけたいですね

   

人気の為、いつ手に入れれるかがわからないブランドです

   

無くならないうちに是非

Aviator nationページはこちらから

 

皆様のご利用を心よりお待ちしております

 

By “it” by Funny’s

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment